1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. からだ(身体)の病気
  3. 白内障でも入れる・加入できる保険

白内障でも入れる・加入できる保険、生命保険、医療保険

白内障の現状と保険選び

加齢に伴って発症50歳以上の患者が多い

白内障イメージ

白内障とは瞳の奥にある水晶体が濁って、物がかすんで見えたり、まぶしく見えたりする病気です。症状が進行すると視力が低下しますが、手術をしなくては視力を回復することができなくなります。

白内障の原因はいくつかありますが、最も多い発症理由は加齢です。誰でも年齢とともに白内障になるリスクが高くなっていきます。特に50歳を過ぎて、「何となくモノが見えにくい」「ピントがあいにくい」などの症状が出てきたら要注意です。

白内障学会ガイドラインによると、初期混濁も含めた水晶体混濁有所見率は、50歳代で37~54%、60歳代で66~83%、70歳代で84~97%、80歳代で100%となっています。超高齢化社会に突入した日本では、今後も白内障の患者は増えていくと予測されています。

通常の医療保険は、「部位不担保」

こうした中、ニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターには、「白内障が悪化して、入院・手術する場合に備えたい」、「他の病気になった場合の保障が欲しい」など、白内障と診断された50歳以上の方からの、保険加入の相談が増えています。

白内障は症状が進行すると手術をしなくては視力が回復しません。白内障の人は、持病がない健康な人よりも、入院・手術をする可能性が高いと言えるでしょう。

そのため、入院・手術を保障する通常の医療保険への加入は難しくなっています。ただし、症状や患者の年齢、手術や合併症の有無などによっては、加入できる場合はあります。ただその場合でも「眼球の病気は一定期間保障しない」などの〝部位不担保〟という条件が付くことが多くなります。つまり、医療保険に加入できても、「持病(白内障)の悪化による入院・手術は保障されない」ということになるのです。

こうした医療保険(部位不担保)は、「白内障以外の病気に備えたい。持病の保障は必要ない」という人には良いですが、「持病の悪化に備えたい」人のニーズを満たすことはできません。そのニーズを満たすのが、持病や既往症のある方向けの専用商品、「引受基準緩和型(ひきうけきじゅんかんわがた)医療保険」です。

白内障でも入れる可能性ある保険
4商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

この保険は、通常の保険よりも引き受けの基準を緩和しており、白内障で治療中の方でも、「3ヶ月以内に医師に入院・手術を勧められていない」「過去1年(2年)以内に入院・手術していない」「過去5年以内にがん・肝硬変・慢性肝炎と診断されていない」などの条件を満たせば、申し込むことができます。

通常の医療保険よりも保険料は割増しされており、加入から1年間は保険金額が半額になるなどの条件がありますが、保険加入後の白内障の悪化だけでなく、他の病気になった場合も保障するのが特徴です。

ニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターでは、白内障と診断された人の保険選びのお手伝いをします。コールセンターでは①手術や合併症の有無、②症状や治療内容、④年齢と職業、⑤持病(白内障)の悪化の保障を希望するか―などを伺ったうえで、ご加入いただける可能性が高い保険商品をご案内しています。お気軽にご連絡ください。

白内障でも入れる可能性ある保険について
ご相談こちら

0120-880-081

  • 受付番号:3830】株式会社ニッセンライフ
病気があっても大丈夫!年齢や治療状況から、ぴったりの保険を探せる「持病があっても安心ナビ」今すぐ検索
免責・禁止事項
  • 医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページの先頭に戻る