1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. がん(癌)でも入れる・加入できる保険
  3. 子宮頸がん・子宮がんでも入れる・加入できる保険
  4. 子宮頸がん・子宮がんの最新の治療方法・放射線治療・抗がん剤治療

子宮頸がん・子宮体がんの最新の治療方法・放射線治療・抗がん剤治療について

子宮頸がん・子宮体がんの治療

初期の子宮頸がんでは妊娠・出産の可能性残す

子宮頸がんの治療は、がんの病期(ステージ)や年齢、合併症の有無などに合わせて行われます。

病院のイラスト

子宮頸がんの初期である「ⅠA1期」では、「赤ちゃんを望む患者さんに対しては、レーザーなどを使用した『子宮頸部円錐切除術』が行われることがあります」(聖マリアンナ医科大学・産婦人科学 婦人科診療部長の鈴木直教授)。 

この治療法は、開腹せずに腟から子宮頸部の一部を円錐状に切り取る手術で、子宮を残して治療後の妊娠・出産の可能性を維持する狙いがあります。

また、子宮頸がんの前段階である高度異形成の人に対しては、子宮頸がんに進行する前に、この術式で手術を行う場合もあります。閉経後や妊娠・出産を望まない人に対しては、子宮を切除する「単純子宮全摘出術」が選択されることもあります。

「ⅠA2期」以降の進行がんに対しては、手術・放射線治療・抗がん剤治療を単独または組み合わせて行われます。手術では、子宮および腟の一部、卵巣・卵管、骨盤内のリンパ節など広範囲に切除する根治術(広汎子宮全摘出術)が標準的な治療です。がんの進行や患者の状態に応じて、放射線療法や抗がん剤治療を単独または手術前後に実施する場合もあります。

*子宮頸がんの病期と治療方法の図は下記に分かりやすく掲載されています。
国立がん研究センター・がん対策情報センター「がん情報サービス」のHP
http://ganjoho.jp/public/cancer/cervix_uteri/treatment_option.html

子宮頸がん・子宮体がんでも入れる可能性ある医療保険2商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

子宮体がんは手術が治療の中心に

一方、子宮体がんはごく初期の場合を除いて、手術が治療の中心となります。子宮と卵巣・卵管を切除する「単純子宮全摘術+卵巣・卵管切除術」に加えて、リンパ節などさらに広い範囲を切除する手術を症例に応じて行います。

手術の前に抗がん剤治療を行う場合や、手術せずに抗がん剤治療や放射線治療、ホルモン療法などを行う場合もあります。

近年は、子宮体がんの初期(Ⅰ期)であれば、腹腔鏡手術で治療する医療機関も増えてきています。腹腔鏡を用いた手術は、お腹に数カ所の穴を開けて行われるので、開腹による手術と比較しても患者の負担が大幅に軽減される上、入院期間の短縮にもつながります。

*子宮体がんの病期と治療方法の図は下記に分かりやすく掲載されています。
国立がん研究センター・がん対策情報センター「がん情報サービス」のHP
http://ganjoho.jp/public/cancer/corpus_uteri/treatment_option.html

子宮頸がん・子宮体がんでも入れる可能性ある医療保険2商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

この記事の取材にご協力いただいたのは・・

聖マリアンナ医科大学 産婦人科学 鈴木直(すずき・なお)教授
img_profile_01

1965年生まれ。1990年慶應義塾大学医学部卒業後、同産婦人科入局。1997年同大学院修了。 1996~1998年米国カリフォルニア州バーナム研究所。2000年慶應義塾大学医学部産婦人科医長、2005年聖マリアンナ医科大学産婦人科学講師を経て、2011年同大学教授就任、婦人科部長兼務。2012年より聖マリアンナ医科大学病院腫瘍センター副センター長(緩和医療部会長)を兼ねる。

【日本産科婦人科学会専門医、日本がん治療認定医、日本婦人科腫瘍学会専門医、臨床細胞学会細胞診専門医、緩和ケアの基本教育に関する指導者】

病気があっても大丈夫!年齢や治療状況から、ぴったりの保険を探せる「持病があっても安心ナビ」今すぐ検索
免責・禁止事項
  • 医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。