1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. 心(こころ)の病気
  3. うつ病(鬱)でも入れる・加入できる保険

うつ病(鬱)でも入れる・加入できる保険、生命保険、医療保険

うつ病の現状と保険選び

若年層から高齢層まで広がる「うつ病」のリスク

うつ病は精神疾患の一つで、「憂うつである」「気分が落ち込む」などの〝抑うつ気分〟が続いたり、「疲れやすい」「食欲がない」などの体の不調が現れたりするのが特徴的です。

うつ病 イメージ

近年、うつ病の罹患者は急増しています。厚生労働省が3年に1回発表している「患者調査」によると、うつ病・躁(そう)うつ病・気分変調症など「気分障害患者」の人数は110万人以上で、 診察を受けていない〝うつ病予備軍〟を含めるとその4~5倍に当たる450~550万人が、うつ病やうつ症状で悩んでいると推測されています。(2014年発表)

患者数が増えた背景には、(1)うつ病についての認識が深まり、心療内科や精神科を受診する機会が増えている (2)長引く不況や経済状況の悪化で、ストレスを抱えたり、抑うつ状態になる人が増えている(3)うつ病の診断基準の解釈が広がっている―などが挙げられます。

最近は、30~50代のいわゆる「働き盛り世代」の患者が急増しており、また、20代の若手社員を中心に、勤務中にだけうつ状態に陥る「新型うつ」「現代型うつ」と呼ばれる症例も出てきています。 そのため、従業員のメンタルヘルス対策は企業の大きな課題となってきました。その一方、高齢化社会が進み、60~80代のうつ病患者も増加傾向にあります。 若年層から高齢層まで、現代社会に生きる誰もが発症するリスクがあるうつ病は、もはや国民病と言っても過言ではありません。

若年層から高齢層まで、現代社会に生きる誰もが発症するリスクがあるうつ病は、もはや国民病と言っても過言ではありません。

ニッセンライフでは、持病や既往症がある方から、保険加入の相談を受け付けていますが、「うつ病で通院していますが、保険に加入できますか?」、「気分が落ち込んだ時に薬を飲む程度ですが、入れる保険はありますか?」などの相談が、近年とても増えています。 うつ病は、幅広い年齢層に広がっており、このような悩みはどの年代の方でも尽きることはありません。特に精神疾患の場合、入院が長引くケースがあり、治療費の備えについて考える方が多いようです。よくあるご質問はこちら 一般的に、持病や既往症のある方が、通常の医療保険や死亡保険に加入することは難しくなります。症状が悪化して入院する可能性や、生活習慣病など他の病気に罹る可能性があり、健康な方よりもリスクが高いためです。 そのため、ニッセンライフでは持病の悪化や再発までを保障する保険「引受基準緩和型医療保険」をご案内しています。

うつ病で治療中の方でも申し込み可能な医療保険・終身保険

幅広い年齢層にうつ病患者は広がっていますが、「もし、症状が悪化して入院したら…」、「ほかの病気になって入院・手術したら・・・」という悩みは、どの年代の方でも尽きることはありません。特に精神疾患の場合は、入院が長引くケースがあり、治療費への備えが大切になっています。

こうした中、私たちニッセンライフのカスタマーコンタクトセンターには、うつ病で通院したり、服薬したりしている方からのご相談がとても増えています。
「うつ病で通院していますが、保険に加入できますか?」、「気分が落ち込んだ時に薬を飲む程度ですが、入れる保険はありますか?」…などの問い合わせが多くなっているのです。よくあるご質問はこちら

一般的に、うつ病など持病や既往症がある方は、通常の医療保険や死亡保険(終身保険や定期保険など)への加入は難しくなります。症状が悪化して入院したり、生活習慣病など他の疾病にかかるリスクが、健康な人よりも高いためです。

そのため当社で主にご案内しているのは、持病のある方向けの専用保険「引受基準緩和型(ひきうけきじゅんかんわがた)」の医療保険や終身保険となります。

うつ病でも入れる可能性ある医療保険
3商品あります。

  • 該当する保険商品を見る

※必ずお読みください
こちらより資料請求できる商品は「持病がある方をささえる医療保険(引受基準緩和型保険や無告知型保険)」です。お客様の治療状況によっては他の商品をご案内できる場合がございます。死亡保険やがん保険など医療保険以外をご希望の方は0120-880-081まで、お問合せください。

これらは、通常の保険よりも保険料は割増しとなりますが、3~5つの告知項目がすべて「いいえ」であれば、お申し込みいただくことが可能です。ただし、保険会社によってはうつ病の方の引き受けを制限している場合もあるため、まずはお問い合わせください。
また、保険会社によっては通常の「がん保険」に加入できる場合があります。無告知タイプの「年金保険」であれば、病歴などの告知は必要ありません。

ニッセンライフにご相談いただいたお客様には、(1)正式な病名(うつ病、統合失調症、自律神経失調症、不眠症など)、(2)医師から入院をすすめられたことがあるか(あれば時期はいつか)、(3)ほかの持病や病歴の有無、(4)ご職業、などを伺ったうえで、ご加入いただける可能性が高い保険商品をご案内しています。

うつ病でも入れる可能性ある保険について
ご相談こちら

0120-880-081

  • 受付番号:3820】株式会社ニッセンライフ
病気があっても大丈夫!年齢や治療状況から、ぴったりの保険を探せる「持病があっても安心ナビ」今すぐ検索
免責・禁止事項
  • 医療情報や保険商品の情報は変化する事があります。本ホームページは正確な情報を掲載出来るよう、内容を定期的に更新しております。しかしながら、内容の完全性について保証するものではありません。
    従いまして、本ホームページの利用者が、掲載された情報を利用したことで直接・間接的に損害を被った場合であっても当社は一切の責任を負いかねます。
  • このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をニッセンライフの了承なく複製、使用等することを禁じます。

ページの先頭に戻る