1. 持病・病気でも入れる保険トップ
  2. 持病がある方の保険選び
  3. 健康状態によって入れる保険が違うのはなぜ?

健康状態によって入れる保険が違うのはなぜ?

一般的に、持病がある方は、持病のない健康な方を対象とした通常の保険に加入することは難しくなります。

保険制度は、保険会社が契約者から集めた「保険料」を原資に運営されています。
病気やケガ、事故にあった場合に、集めた保険料から保険会社が「保険金」を適切に支払うため「保険料の総額」と「保険金の総額」は同等でなければなりません。

しかし、病気に罹る可能性は年齢や性別など人によって異なるため、保険事故(保険会社が保険金や給付金を支払う出来事)が発生する確率の高い人と確率の低い人が同じ保険に加入すると、保険会社が支払う保険金や給付金は公平ではなくなるため、保険制度が安定しないことになります。

過去に大きな病気に罹った方や現在治療中の方、将来入院や手術を受ける可能性の高い方が健康な方と同じように通常の保険に加入することが難しくなるのは、このような理由があるからです。

病気があっても大丈夫!年齢や治療状況から、ぴったりの保険を探せる「持病があっても安心ナビ」今すぐ検索