ニッセンライフの火災保険
  1. ホーム
  2. もっと知りたい
  3. おすすめの記事一覧
  4. 賃貸向け火災保険おすすめ2選と安く賢く契約するためのテクニック

賃貸向け火災保険おすすめ2選と安く賢く契約するためのテクニック

2021/01/25
  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク
賃貸向け火災保険おすすめ2選と安く賢く契約するためのテクニック

「賃貸住宅の火災保険のオススメを知りたい」と調べている方は、「不動産業者から勧められたままに火災保険を契約するのではなく、自分で吟味して選びたい」という考えをお持ちかと思います。

実際、自分で選んだ方が、補償内容を充実させ、かつ保険料を安くできるケースも多くあります。

しかしながら、賃貸の火災保険では、いくつかのクリアすべき条件があります。安く賢く契約するためには、テクニックが必要なのです。

具体的には、事前に知っておくべきポイントとして次の3つが挙げられます。

ポイント

  • 指定された借家人賠償責任の保険金額をカバーできているか
  • 自分の希望する補償内容が含まれているか
  • 入居時に提案された保険料より安いか

この記事では、これらを詳しく解説したうえで、賃貸にオススメな火災保険を2つ、ご紹介します。

商品名リビングアシストジェイアイのくらし安心総合保険
保険会社名楽天損害保険ジェイアイ傷害火災保険
賃貸にオススメのポイント

お手頃な保険料

しっかり補償

急なトラブルにも安心

家財の補償が充実

安心を広げる特約あり

24時間の安心サービス

最後までご覧いただければ、賃貸の火災保険を自分で安く賢く契約する方法がわかります。

ぜひ、ムダな出費を削りながら、本当に必要な補償をしっかりつけて、安心できる火災保険を選べるようになりましょう。さっそく続きをご覧ください。

賃貸の火災保険を安く賢く契約するための3つのチェックポイント

冒頭でも触れたとおり、「自分で賃貸の火災保険を選びたい」という方にチェックしていただきたい、3つのポイントからご紹介します。

3つのポイント

  • 指定された借家人賠償責任の保険金額をカバーできているか
  • 自分の希望する補償内容が含まれているか
  • 入居時に提案された保険料より安いか

順に詳しく見ていきましょう。

(1)指定された借家人賠償責任の保険金額をカバーできているか

まず重要となるのが、「指定された借家人賠償責任保険の保険金額をカバーできているか」という点です。

賃貸向けの火災保険は、主に次の3つの火災保険で構成されています。

借家人賠償責任保険借りている建物に損害を与えた場合に、賃貸人(大家さん)に対する損害賠償金などの費用が補償される保険
家財保険自分の家財(家具、衣類など)が受けた損害が補償される保険
個人賠償責任保険日常生活で他人に損害を与えた場合などに、損害賠償金などの費用が補償される保険

このなかでもっとも重要なのが借家人賠償責任保険です。借家人賠償責任保険への加入は、ほとんどの物件で賃貸借契約の条件となっています。

大家さんから指定された保険金額をカバーできる火災保険に加入しなければなりません。

たとえば「借家人賠償責任保険(保険金額2,000万円以上)」という条件が指定されているのであれば、保険金額2,000万円以上で契約できる火災保険を選ぶ必要があります。

(2)自分の希望する補償内容が含まれているか

前述のとおり、火災保険は主に「借家人賠償責任保険・家財保険・個人賠償責任保険」の3つから成り立っています。

メインとなるのは借家人賠償責任保険ですが、部屋の中の大切な財産を守る家財保険や、他人に対し賠償責任を負うリスクに備える個人賠償責任保険は、賢く利用したいものです。

どんな補償を希望するのかを明確にしたうえで、それが含まれる火災保険を選ぶ必要があります。

(3)入居時に提案された保険料より安いか

賃貸の火災保険を契約するのは、ただでさえ、敷金・礼金・引っ越し費用などがかさむ時期です。

賃貸の火災保険は「できる限り安くしたい」と考える方も多いのではないでしょうか。

そこで「予算内の保険料かどうか」も重要な基準となるでしょう。

より安くムダのない火災保険を選びたいのであれば、入居時に勧められた火災保険だけでなく、ほかにも火災保険を調べることが大切です。

賃貸にオススメな火災保険2選

賃貸の火災保険は、どんなものがオススメなのでしょうか。ここでは、賃貸にとくにオススメできる2つの火災保険をご紹介します。

2つの火災保険

  • リビングアシスト(楽天損害保険)
  • ジェイアイのくらし安心総合保険(ジェイアイ傷害火災保険)

(1)リビングアシスト(楽天損害保険)

point!

  • お手頃な保険料
  • しっかり補償
  • 急なトラブルにも安心
▼ 基本情報
補償される事故の種類借家人賠償責任の支払限度額日常生活での賠償責任の支払限度額
9種類1億円まで1億円まで
▼費用保険金と特約
費用保険金

臨時費用保険金

失火見舞費用保険金

緊急時仮住い費用保険金

特別費用保険金

残存物取片づけ費用保険金

地震火災費用保険金

錠前交換費用保険金

損害防止費用

特約

持ち出し家財補償特約

個人賠償責任補償特約

借家人賠償責任補償特約

賠償事故解決に関する特約

修理費用補償特約

類焼損害補償特約

賃貸のオススメ火災保険の筆頭として挙げられるのが、楽天損害保険の『リビングアシスト』です。

保険料がお手頃なので「できるだけ保険料を抑えたい」とお考えの方にオススメです。

さらに、借家人賠償責任の支払限度額は1億円まで対応。ほぼすべての賃貸物件に対応可能です。

急なトラブルのときに利用できる24時間・365日受付の無料サービスも付帯しています。

「自分で賃貸用の火災保険を選びたい」という方は、まず第一に検討していただきたい火災保険です。

こんな人にオススメ

  • 火災保険の保険料をできるだけ抑えたい
  • 補償はしっかりしたい
  • 急なトラブルにも安心なサービスがほしい

(2)ジェイアイのくらし安心総合保険(ジェイアイ傷害火災保険)

point!

  • 家財の補償が充実
  • 安心を広げる特約あり
  • 24時間の安心サービス
▼ 基本情報
補償される事故の種類借家人賠償責任の支払限度額日常生活での賠償責任の支払限度額
11種類2,000万円2,000万円
▼費用保険金と特約
費用保険金

修理費用保険金

臨時費用保険金

地震火災費用保険金

残存物取片づけ費用保険金

失火見舞費用保険金

特約

給排水管修理費用補償特約

ドアロック交換費用補償特約

加害事故法律相談費用補償特約

通信販売に関する特約

借家人賠償責任総合補償特約

修理費用保険金総合補償特約

代位求償権不行使特約

ジェイアイ傷害火災保険の『ジェイアイのくらし安心総合保険』は、家財の補償が充実している賃貸専用の火災保険です。

火災や盗難、他の戸室で生じた事故による水濡れなど、家財に生じた損害をしっかり補償したい方にオススメです。住宅内での偶然な事故や、引越中に家財の損害があった場合にも補償されます。

さらに安心を広げたいという方には、特約で付帯できる補償があります。以下は一例です。

給排水管修理費用補償特約給排水管・給排水設備復旧のために必要な修理費用が保険金として支払われる特約
ドアロック交換費用補償特約住宅のドアのかぎが盗難された場合、ドアロック(ドアの錠)の交換に必要な費用が保険金として支払われる特約
加害事故法律相談費用補償特約日常生活で他人にケガをさせたり他人の物を壊したりして、損害賠償責任について弁護士に相談した場合の法律相談料が保険金として支払われる特約
さらに、24時間365日受付対応の2つのサービスが付帯しています。

ジェイアイのくらし安心総合保険は、火災保険を通して、暮らしの危険を幅広くカバーしたい方にとって、有力な選択肢としてご検討いただきたい保険です。

こんな人にオススメ

  • 家財の補償をしっかりしたい
  • 暮らしの中のさまざまなトラブルに備えた

賃貸にオススメな火災保険の比較表

賃貸にオススメな2つの火災保険を比較したのが以下の表になります。

商品名リビングアシストジェイアイのくらし安心総合保険
「リビングサポート保険」
保険会社名楽天損害保険ジェイアイ傷害火災保険
家財の火災や盗難等
家財の破損や汚損等
上記2つを含めて、補償される事故の種類9種類11種類
借家人賠償責任の支払限度額1億円まで2,000万円
個人賠償責任の支払限度額1億円まで2,000万円
費用保険金

臨時費用保険金

失火見舞費用保険金

緊急時仮住い費用保険金

特別費用保険金

残存物取片づけ費用保険金

地震火災費用保険金

錠前交換費用保険金

損害防止費用

修理費用保険金

臨時費用保険金

地震火災費用保険金

残存物取片づけ費用保険金

失火見舞費用保険金

特約

持ち出し家財補償特約

個人賠償責任補償特約

借家人賠償責任補償特約

賠償事故解決に関する特約

修理費用補償特約

類焼損害補償特約

給排水管修理費用補償特約

ドアロック交換費用補償特約

加害事故法律相談費用補償特約

通信販売に関する特約

借家人賠償責任総合補償特約

修理費用保険金総合補償特約

代位求償権不行使特約

詳細詳しくはこちら詳しくはこちら

保険料はご契約の内容によって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ先(通話無料)
営業時間
月曜 – 金曜
9:00~19:00
土曜 – 祝日
9:00~19:00

※日曜、年末年始はお休みです。

賃貸の火災保険を契約する際の注意点3つ

最後に、賃貸の火災保険を契約するうえで注意したい点を3つ、ご紹介します。

3つの注意点

  • 事前に賃貸借契約書をよく確認する
  • 入居時に紹介された火災保険だけでなく、ほかの火災保険とも比較する
  • 前住居と重複契約しないようにする

(1)事前に賃貸借契約書をよく確認する

1つめは「事前に賃貸借契約書をよく確認する」ことです。前半でも触れたとおり、賃貸の火災保険は「大家さんに対する賠償」への補償という意味合いが大きいものです。

そのため、大家さんサイドで条件を細かく指定しているケースがあります。大家さんの指定を満たす火災保険への加入が物件の契約の条件となりますから、慎重に確認する必要があります。

具体的には、賃貸借契約書をよく読んで、必要な条件を見逃さないようにしましょう。

(2)入居時に紹介された火災保険だけでなく、ほかの火災保険も比較する

2つめは「入居時に紹介された火災保険だけでなく、ほかの火災保険も比較する」ことです。

多くの場合、物件を仲介した不動産会社から、火災保険の紹介があります。大家さんの指定を満たすものを紹介してくれるため、いわれたとおりに契約すれば条件的には安心です。

補償と保険料のバランスをとるためには、自分でも見積りを取って比較することが大切です。

(3)前住居と重複契約しないようにする

3つめは「前住居と重複契約しないようにする」ことです。

火災保険は途中で解約ができるので、引っ越しの際には前住居の火災保険の解約を忘れないようにしましょう。

火災保険の解約はいつでも可能で、途中解約すると、残りの契約期間に応じた解約返戻金を受け取ることができます。

返戻率は保険会社によって異なりますので、詳細は保険会社へ確認しましょう。

まとめ

賃貸の火災保険の選び方で重要なチェックポイントは以下のとおりです。

チェックポイント

  • 指定された借家人賠償責任の保険金額をカバーできているか
  • 自分の希望する補償内容が含まれているか
  • 予算内の保険料か

賃貸にオススメの火災保険を2つ、ご紹介しました。

商品名リビングアシストジェイアイのくらし安心総合保険
「リビングサポート保険」
保険会社名楽天損害保険ジェイアイ傷害火災保険
賃貸にオススメの
ポイント

お手頃な保険料

しっかり補償

急なトラブルにも安心

家財の補償が充実

安心を広げる特約あり

24時間の安心サービス

詳細詳しくはこちら詳しくはこちら

賃貸の火災保険を契約する際には、次の3点にご注意ください。

3つの注意点

  • 事前に賃貸借契約書をよく確認する
  • 入居時に紹介された火災保険は他社の見積りと比較する
  • 前住居と重複契約しないようにする

自分で知識を身に付けて火災保険を選べば、勧められるままに契約するよりも、自分に補償内容が合っていて、なおかつ料金が安くなる方法を選択できます。

ぜひ、この記事で身に付けた知識をもとに、賢い火災保険選びをしていただければ幸いです。それが、新居での充実した暮らしにつながることでしょう。

  • JI2019-743
  • 20-T03664 2020年11月
出典

掲載内容は執筆時点の情報であり、変更される場合があります。
出典に記載されているURLは、執筆時のリンク情報のため、アクセス時に該当ページが存在しない場合があります。

この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク

【引受保険会社】

  • ジェイアイ傷害火災保険株式会社

  • 損害保険ジャパン株式会社

  • 東京海上日動火災保険株式会社

  • 楽天損害保険株式会社

  • ソニー損害保険株式会社

  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

【注意事項】

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。
取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
ご不明な点等がある場合には、ニッセンライフまでお問い合わせください。
この比較表示には保険商品内容の全てが記載されているわけではありませんので、あくまで参考情報としてご利用ください。また、必ず、「契約概要」やパンフレット等で保険商品全般についてご確認ください。