1. ホーム
  2. ペット図鑑を見る
  3. 日本猫

日本猫

日本猫
平均体高
オス
-
メス
-
平均体重
オス
2.5~4kg
メス
2.5~4kg
平均寿命

14.3歳

このネコ種について

概要

日本猫(にほんねこ)は、古くから日本人に親しまれている日本特有の猫です。アメリカ人がそのかわいさに注目して繁殖し、別名ジャパニーズ・ボブテールと呼ばれているんです。

日本が原産地ですが、999年に中国から献上されたのが始まりと考えられています。招き猫のモデルになっていることや、三毛猫などが有名ですが、他にも様々な毛色の日本猫がいます。必ずしも両親と同じ毛色で産まれるわけではありませんが、遺伝的要素や母体内での影響が考えられており、三毛猫はメス、チャトラはオスが多いとされています。

外見

緩やかなカーブを描いた逆三角形の顔に、鼻筋の通った聡明な表情。多少丸みのある耳や広い額も含めて、とても親しみやすい外見をしています。

切り株やウサギのようだと例えられる尻尾は短く、このような短尾の猫は世界的にも大変珍しいといわれます。でも実は、ポンポン丸く見える尻尾は内側に巻き込まれているだけ。リラックスしているときは上を向いて伸びるというのが、なんとも言えずかわいいです。

美しい毛並みも日本猫の特徴で、耳の毛は短く、胴体は中くらいの長さで流れるような毛並みをしており、まるでシルクのような手触りです。

習性・性格

産まれるサイズがやや大きめで丈夫、さらに子猫のときから聞き分けがよいということから、飼いやすい猫として親しまれています。名前を呼ばれると澄んだ鳴き声で返事をするという、愛嬌たっぷりな一面も。活発で従順なのは、古くからネズミの捕獲をしてきたからこその気質です。

優しさとともに賢さも持ち合わせ、子供の遊び相手もしてくれるんです。家族思いで、自分の子供は大きくなってからもずっと面倒を見ようとします。一方で、家族以外の他の猫には優しくしないなど、ツンデレな面もあります。

診療費について

年間診療費

年間診療費(参考)
56,447

診療費例

中耳炎
年齢4歳
治療日数通院1日
診療内容
  • 初診料:1000円
  • 耳鏡検査:1000円
  • 内服薬(7日分):3,500円
合計5,300円
  • 「年間診療費(参考)」はアニコム損保「家庭どうぶつ白書2016」より。
  • 「診療費例」はアニコム損保へのご請求の一例です。