1. ホーム
  2. ペット図鑑を見る
  3. マンチカン

マンチカン

マンチカン
平均体高
オス
-
メス
-
平均体重
オス
2~4kg
メス
2~4kg
平均寿命

11.2歳

このネコ種について

概要

マンチカン(Munchkin)の歴史は他猫種に比べて浅く、1990年代から繰り返された交配により、新たな品種として認められました。その短い脚が特徴ですが、「短足猫」自体は古くから確認されています。イギリスやソ連、アメリカなどでも発見されたという報告があり、1983年にアメリカで本格的な繁殖が始まりました。

四肢が短いため胴が横長に感じますが、日常生活に支障が出ることはありません。木登り・ジャンプも容易にできます。

英語で「小さい人、子供」という意味のマンチキンとも呼ばれます。

外見

最大の特徴はなんといっても短い脚にあります。さらに大きな耳、クルミ型の目が合わさってとても愛くるしい外見をしています。

短足が認められるのは実は30%ほどで、あとは他の猫と比較すると足が短いかな、という程度。足の長い順にスタンダード・スーパーショート、ラグハラーと種類分けされています。

また歩き方も特徴的で、モデルの「キャットウォーク」さながら。尻尾をまっすぐに立て、片足をもう一方の足と同じ直線上に置き、腰を振りながら歩くのです。
可愛らしい見た目とは裏腹に筋肉質で、素早く歩いたり走ったりする姿に、最初は驚く飼い主さんもいます。

習性・性格

とても穏やかで優しく、他の猫との多頭買いも可能です。先に飼っている猫ちゃんがいても、喧嘩することなくなじんでくれるでしょう。遊んでもらうのが大好きなので、たくさんコミュニケーションをとることが大切です。

賢く飼い主さんの指示も聞けるので、きちんとしつけてあげればお利口さんで留守番もしてくれます。

一方で臆病な性格でもあります。大きな声で怒鳴るととてもこわがるので、感情的にはならず「しつけ」を意識して接してあげてくださいね。

かかりやすい病気

傷病例

  • 1位 嘔吐/下痢/血便
  • 2位 膀胱炎

    膀胱に炎症が起こることが原因となり、血尿、頻尿、排尿時の痛みなどの症状が見られる病気が膀胱炎です。排尿困難や血尿などの泌尿器症状を引き起こす「猫下部尿路疾患(FLUTD)」の要因の1つです。

  • 3位 外耳炎

    耳介から鼓膜まで(外耳)の耳の皮膚に炎症が起こることを外耳炎といいます。激しい痒みを伴い、大量の耳垢や臭いのある分泌物がでることが特徴です。

  • 4位 胃炎/胃腸炎/腸炎
  • 5位 結膜炎

    まぶたの裏側にある結膜が炎症を起こす眼の病気です。ネコちゃんではしばしばみられ、片眼だけのこともありますが、両眼ともに結膜炎を起こす場合もあります。

  • 「かかりやすい病気」はアニコム損保「どうぶつ診療費ドットコム」より。(2019年10月末時点掲載)

診療費について

年間診療費

年間診療費(参考)
41,937

診療費例

膵炎
年齢7歳
治療日数通院1日
診療内容
  • 再診料:700円
  • 超音波検査:2,000円
  • 皮下点滴:1,400円
  • 皮下注射:1,200円
  • 処方料:500円
  • 内服薬(4日分):800円
合計6,600円
尿石症(膀胱結石)
年齢7歳
治療日数入院5日、手術1回
診療内容
  • 初診料 1,000円
  • 血液検査 7,500円
  • レントゲン検査 6,500円
  • 全身麻酔 15,000円
  • 結石摘出 200,000円
  • 静脈点滴 5,000円
  • 静脈注射 5,000円
  • 入院費 50,000円
合計290,000円
  • 「年間診療費(参考)」はアニコム損保「家庭どうぶつ白書2016」より。
  • 「診療費例」はアニコム損保へのご請求の一例です。